多彩な使いみち

ホテルのベッドルーム

「カップルのためのホテル」として長らく利用されてきたラブホテルですが、最近ではほかの用途で利用する人も増えています。
男女の、あるいは同性同士のカップルだけでなく、たとえば家族で、あるいは女子会など、友だち同士の集まりでの利用も増えています。
ラブホテルには長らく「二人で利用するホテル」という固定観念があったのですが、現在では必ずしもそうとは限らないのです。
どうしてもテンションが高めになる小さい子供がいる家族や、深夜まで盛り上がりたい女子会でもラブホテルに泊まって迷惑ではないかと思う人がいるかもしれません。
あるいは、家族や友だち同士で過ごしていて気まずくなってしまうような物音が聞こえてくるのではないか、と心配する人もいるでしょう。
確かにラブホテルはピンからキリまであって、中には壁がちょっと薄めで、耳をすますと隣の部屋の物音が聞こえてくる…ような感じがする、というところもあります。
しかし、ちゃんと壁が分厚く、音が漏れないようになっているというラブホテルもあります。そのようなホテルでなら、家族旅行や女子会での利用も可能になっています。
ところで、特に家族旅行の場合は、「ベッドが足りないのでは」という声もあると思います。ラブホテルは、やっぱりそもそもは「カップルのためのホテル」であるわけで、置かれているベッドはダブルベッドということになります。しかし家族旅行ではちょっと足りない、というわけです。
ただ、この点も心配無用です。ダブルベッドに加えて新しくもう1台ベッドを注文できるというホテルがあるからです。ゆっくりと広々としたスペースで翌日に備えて休めるのです。