愛のホテルで過ごそう

窓が開いたホテルの部屋

レンタルルームなら東京の新橋にあるOASISが利用しやすいです。値段も手頃で休憩に利用するビジネスマンも多くいます。

東久留米の人気ホテルと言えばここが有名です。ゆったりとしたスペースが確保されているので嬉しいですね。

「カップルが終電を逃してラブホテルに泊まる。そしてラブラブな関係に発展する」というのはほとんど日本独自の文化だそうです。
「ラブホテル」というとカタカナ語なのでどうしても欧米由来の文化なのかと思ってしまいがちですが、実はそうではありません。
ホテルよりも旅館が多かった時代から、たとえば「連れ込み宿」というちょっぴりスリリングな名前の宿泊施設が存在していました。
今でこそラブホ、ラブホといいますが、昔は温泉の湧く旅館タイプのところが多かったということで、「温泉マーク」という隠語もあったようです。
欧米にはホテルはたくさんありますが、カップルが愛をはぐくむための施設として使われる専用のホテルは存在しません。
たとえばアメリカでは、町のはずれにあるモーテルなどがそのような目的で利用されているようです。
ところで、そんな世界的に見ても珍しい日本のラブホテルですが、最近ではまたさらに進化を見せ始めているという情報が入ってきました。「連れ込み宿」の時代から連綿と続くカップルのための宿泊・休憩施設という古い顔を捨て、そのような用途で使われつつも、新しい用途でも使われるようになったラブホテルが、増えているというのです。
どのような使い方をされるラブホテルが増えているのでしょうか?
ここでは、その新しい使い方をいくつか取り上げ、「現代のラブホテル」の特徴を見ていきたいと思います。ぜひここで使い方をマスターして、自分でも試してみていただきたいと思います。